セミナー情報

感性の見える化・定量化とデータ解析を活かした製品開発への応用およびその事例 〜1人1台PC実習付〜

〜 感性工学による商品開発事例、 インタビュー調査と評価グリッド法、因子分析とポジショニング分析、パス解析とその活用、自動車の事例 〜

  • ExcelおよびRによるデータ解析の実習を通して、感性工学を業務に結びつける講座!
  • 感性を定量的に計測・分析し、その結果を効果的に活用するためのポイントを学び、より付加価値の高い製品の設計や開発に活かそう!

     

    ※PCは弊社にて用意いたします。データは希望者に配布します

講師の言葉

 現代では、高性能で安価なだけでなく、顧客の感性に響く付加価値の高いモノ作りが求められています。近年、心理学と工学を融合した「感性工学」が提唱され、多くの商品開発現場で導入され効果をあげています。しかしながら、感性工学の専門家がいなかったり、費用的に難しかったり、現場のエンジニアに理解が得られなかったりして、うまく実施できていない企業・部署が多いのも事実でしょう。

 本セミナーでは、感性工学の様々な手法の中でも比較的実施が容易なインタビューやアンケートを取り上げます。顧客の声から感性を見える化し、定量的に計測・分析し、商品開発に活かす手法について、実習を通じて具体的に学びます。作業はすべてExcelおよびフリーの解析ソフト(R)でおこないますから、職場に戻ってすぐにでも導入・実施できます。

受付を終了いたしました

セミナー詳細

開催日時 2017年03月02日(木) 10:30 ~ 17:30
開催場所 【東京】日本テクノセンター研修室
カテゴリー ソフト・データ解析・画像・デザイン
受講対象者 ・商品やサービスの企画・設計・開発・評価などに携わっている方
・感性工学手法の導入・実施に関心のある方
(自動車、家電、情報機器、ソフトウェア、各種サービスなど業種不問)
予備知識 ・特に予備知識は必要ありません (Excelの基本操作ができること)
修得知識 ・有益なインタビュー実施方法(評価グリッド法)
・アンケート結果の定量的な分析方法(因子分析、パス解析)
・適切なアンケートの作り方
・現場への感性工学の導入・実施のコツ
プログラム

1. 感性工学の概要

  (1). 「品質」と「消費」に対する考え方の変化

  (2). 商品企画・開発現場における感性工学の流れ

  (3). 感性工学による商品開発事例:自動車、家電、食品、化粧品など

 

2. 顧客のニーズを見える化し企画・開発に活かす

  (1). より効果的なインタビュー調査:評価グリッド法

  (2). 実習:顧客がスマートフォンに求めること

  (3). 結果の整理・考察

 

3. 顧客の内面を探り企画・開発に活かす

  (1). アンケートデータをもっとパワフルに活かす:因子分析

  (2). 例題解説:「カワイイ」の構造を探る

  (3). 評価実験:自社商品・競合商品のポジションを探る

  (4). データ解析:因子分析

  (5). データ解析:因子得点とポジショニング分析

  (6). 効果的なアンケートの作り方

 

4. 顧客の「重要」を企画・設計・開発に活かす

  (1). アンケートデータを使いこなす:パス解析(構造方程式モデリング)

  (2). 例題解説:自動車の例題

  (3). モデル検討:解析結果をもとに

  (4). モデル構築:アンケートデータを使って

 

5. まとめ

  (1). 全体まとめ

  (2). 感性工学の課題と展望

  (3). 質疑応答

キーワード 感性工学 インタビュー調査 評価グリッド法 因子分析 ポジショニング分析 パス解析 モデル構築
タグ データ解析  感性・脳科学・認知工学  自動車・輸送機
受講料 一般(1名) : 49,680円 (税込み)
同時複数申し込みの場合(1名) : 44,280円 (税込み)
会場 日本テクノセンター研修室
住所: 〒 163-0722 東京都新宿区西新宿小田急第一生命ビル(22階)
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666

このセミナーは受付を終了しました。

次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、
以下よりお問い合わせください。

メールを送信する

カテゴリ:

電気・機械・メカトロ・設備成形・加工・接着接合・材料化学・環境・異物対策ソフト・データ・画像・デザイン品質・生産管理・コスト・安全研究開発・ビジネススキル

Page Top