セミナー情報

フレームワーク活用による業務効率・業務品質向上とその実践 〜演習付〜

〜 階層型・マトリクス型・フロー型・リレーション型のフレームワークの効果的な活用法 〜

・演習を通して業務にすぐに活用できる方法が実践的に修得できる特別講座

・ビジネスで不可欠な「フレームワーク」(共通して用いることが出来る考え方)を修得し、業務効率向上に役立てよう!



「フレームワーク」の修得は、問題解決、アイデア発想、プレゼンテーション、意思決定、分析、戦略立案などに効果を発揮します

講師の言葉

 フレームワークは業務効率アップと業務品質を確保するための有効な手段である。
 ビジネスの現場で多用されるフレームワークを、柔軟に使いこなせるように4つのカテゴリに分類した。カテゴリ別にフレームワークの種類と使用法を事例とともに紹介する。さらにケーススタディ演習によりフレームワークの具体的使用プロセスを体得する。
 事業戦略や商品開発・生産管理・マーケティングをはじめ、日常的な業務推進においても、フレームワークを効率的に活用することで、業務の効率を上げられるようにする。

セミナー詳細

開催日時 2016年12月26日(月) 10:30 ~ 17:30
開催場所 【東京】日本テクノセンター研修室
カテゴリー 研究開発・商品開発・ビジネススキル
受講対象者 ・技術、品質管理部門の方
・事業戦略や商品開発・生産管理・マーケティングの方
・そのほか業務を効率的に行いたい方はどなたでも参加できます
予備知識 ・特に必要ありません
修得知識 ・業務内容に応じて、フレームワークを有効に活用した業務推進ができるようになる
プログラム

1.オリエンテーション
  ・ 研修の目的、スケジュール

2.フレームワークの種類と目的
 (1).フレームワークの意味
 (2).フレームワークの分類
 (3).活用ポイント
 (4).具体的活用シーン

 *フレームワークを4分類(階層型・マトリクス型・フロー型・リレーション型)に整理し、紹介する。
  業務シーン(事業戦略・商品開発・マーケティング・問題解決・アイデア発想・プレゼンテーションなど)に応じた活用事例を紹介する。

3.階層型の事例と活用演習
   −ピラミッドストラクチャー・ロジックツリー・特性要因図・マンダラート 等
 (1).階層型の種類と使い方
 (2).階層型の事例
 (3).グループ演習

4.マトリクス型の事例と活用演習
   −二軸型・多軸型・優先度分析・SWOT分析・PPM分析・アンゾフのマトリクス・リスク分析 等
 (1).マトリクス型の種類と使い方
 (2).マトリクス型の事例
 (3).グループ演習

5.フロー型の事例と活用演習
   −バリューチェーン分析・AIDMA・商品ライフサイクル・PDCAサイクル 等 
 (1).フロー型の種類と使い方
 (2).フロー型の事例
 (3).グループ演習

6.リレーション型の事例と活用演習
   −3C分析・4C分析・4P戦略・ファイブフォース分析・7S・6W2H 等 
 (1).リレーション型の種類と使い方
 (2).リレーション型の事例
 (3).グループ演習

7.独自のフレームワークを作る
 (1).作成のヒント
 (2).作成の事例
  
  *業務内容に応じて独自のフレームワークを作成することは、その後の展開を効率的に進めるために必要となる。その意識付けと作成のヒントを紹介する。

キーワード フレームワーク ピラミッドストラクチャー ロジックツリー 特性要因図 マンダラート SWOT分析 PPM分析 アンゾフのマトリクス リスク分析 バリューチェーン分析 AIDMA 商品ライフサイクル PDCAサイクル 3C分析 4C分析 4P戦略 ファイブフォース分析 7S 6W2H
タグ ヒューマンスキル  業務改善  問題解決・アイデア発想
受講料 一般(1名) : 48,600円 (税込み)
同時複数申し込みの場合(1名) : 43,200円 (税込み)
会場 日本テクノセンター研修室
住所: 〒 163-0722 東京都新宿区西新宿小田急第一生命ビル(22階)
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666

このセミナーは受付を終了しました。

次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、
以下よりお問い合わせください。

メールを送信する

カテゴリ:

電気・機械・メカトロ・設備成形・加工・接着接合・材料化学・環境・異物対策ソフト・データ・画像・デザイン品質・生産管理・コスト・安全研究開発・ビジネススキル

Page Top