セミナー情報

リチウムイオン蓄電池の最適化制御技術の開発とその活用

~消費電力と長寿命動作、劣化のモデル化と抑制技術、残量推定と残量計、充電器と最適制御~

劣化を抑えたリチウムイオン蓄電池システムのモデル化および最適化手法を修得し、効果的に活用しよう!

セミナー詳細

開催日時 2012年11月28日(水) 10:30 ~ 17:30
開催場所 【東京】日本テクノセンター研修室
カテゴリー 電気・機械・メカトロ・設備/化学・環境・異物対策/ソフト・データ解析・画像・デザイン
内容 ~消費電力と長寿命動作、劣化のモデル化と抑制技術、残量推定と残量計、充電器と最適制御~
■概要
劣化を抑えたリチウムイオン蓄電池システムのモデル化および最適化手法を修得し、効果的に活用しよう!
■タグ
蓄電 リチウムイオン電池

■日時
2012年 11月 28日(水)10:30~17:30  
■受講対象者
・蓄電池やスマートグリッド関連の初学者、若手技術者
■予備知識
・電池の基礎知識
■修得知識
・蓄電池に関する基礎的な知識、マイコン制御、蓄電池システムのモデル化および最適化手法、学会等での動向
■講師の言葉
 近年、温室効果ガスによる地球温暖化や化石燃料の枯渇等の問題が懸念され、低炭素社会実現に向けた様々な取り組みが進められている。スマートグリッドやスマートハウスが注目されている。それらは、太陽光発電パネルや蓄電池を備え、情報通信技術を活用することで、再生可能エネルギーを有効活用する。
 電力需給状態をリアルタイムで観測、制御することにより、出力電力が天候に左右される再生可能エネルギーを有効利用できる。また、昼間の電力ピークカット、EV(電気自動車)のインフラ構築への貢献が期待されている。これらには電力を貯蔵する蓄電池が不可欠であり、その高機能化や低コスト化への要望は強い。
 まず、蓄電池の特性を良く理解し、残量や充電を効率よく行うための知的制御が求められている。しかしながら、蓄電池の特徴を捉え、うまく制御することは困難で、様々なアプローチがとられている。
 本セミナーでは、その一端をお話しする。また、劣化を抑えた長寿命動作が求められている。劣化に係る現象とその把握方法についても紹介する。
尚、蓄電池としては、最もエネルギー密度が高く、今後低コスト化が期待されるリチウムイオン蓄電池のみを対象とする。
■プログラム
1. イントロ
  (1). 蓄電池の背景
  (2). リチウムイオン蓄電池の動作原理
  (3). 蓄電池への要求、使用シーン
  (4). 知的電池に向けた課題

2. 電気化学モデル
  (1). フィックの法則から導出されるもの
  (2). 消耗回復とシミュレーション

3. 消費電力と長寿命動作
  (1). 電池周辺機器のモデル化
  (2). 小型電池駆動機器の電力最適化
  (3). 蓄電池シミュレータの開発

4. 蓄電池の温度特性
  (1). 蓄電池の特性測定装置
  (2). 蓄電池の温度特性

5. 劣化のモデル化と抑制技術
  (1). 蓄電池の劣化現象とモデル化
  (2). 劣化を抑制する使い方
  (3). スマートハウスの電力管理シミュレータ
  (4). 劣化抑制型スマートハウス蓄電池活用技術

6. 残量推定と残量計
  (1). 残量推定に用いられる方法
  (2). PSoCマイコンを使った残量測定器の試作

7. 充電器と最適制御
  (1). 充電スピードと蓄電池劣化
  (2). 充電方式を速度制御方式
  (3). PSoCマイコンを使った充電器の試作
  (4). 組電池における問題とアプローチ例

8. まとめ
■キーワード
リチウムイオン電池 電機化学モデル 長寿命動作 電力最適化 温度特性 劣化抑制 残量推定 充電器 知的制御
■受講料 (税込)
1名:47,250円
同時複数申し込みの場合1名:42,000円
■会場
日本テクノセンター研修室
住所: 東京都新宿区西新宿二丁目7-1 小田急第一生命ビル 22階
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666

このセミナーは受付を終了しました。

次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、
以下よりお問い合わせください。

メールを送信する

カテゴリ:

電気・機械・メカトロ・設備成形・加工・接着接合・材料化学・環境・異物対策ソフト・データ・画像・デザイン品質・生産管理・コスト・安全研究開発・ビジネススキル

Page Top