企画職募集

企画職 採用背景

有名企業からのセミナーオファーが殺到。高い企画力を秘めた人材を求めています!

技術化社会の中核を担う、企業の一流エンジニアや研究者などに対し、各開発分野の専門家によるセミナーや書籍を通じて最先端技術を伝えていく。これが私たちのミッションです。

その中心となるのが、セミナーの企画から運営全般を担う「企画スタッフ」。いわば、「最先端技術を社会に広める総合プロデュース業」です。

え? 世の中にこれほど知的好奇心を満たす仕事があったのか! と、あなたはきっと驚くはず。

ある時は、これから脚光を浴びる先端技術に目を光らせるリサーチャーになり、またある時は、研究者や専門技術者を探し出し、講演や執筆を依頼するディレクターに。さらには、企画したセミナーに魅力的なキャッチフレーズをつけるコピーライターとしての役割もあれば、技術専門書の編集制作作業を担うエディターとして活躍することもできます。

最近、企業は先端技術への関心をよりいっそう強め、専門性の高いエンジニアの採用に前向きになってきています。それにともなって、当社がこれまで開催してきたセミナーの評価が高いこともあり、各業界の企業からセミナーの参加希望がますます増えてきています。

つまり、当社の基盤を厚くするためにも、今、まさに追い風が吹いているのです。だからこそ、今回、企画立案のポテンシャルがある方を、各分野から広く募集することにしました!

仕事内容

希少価値の高い「最先端技術を社会に広める総合プロデュース」という仕事

これは、どこにでもあるような仕事ではありません。
具体的には、「次はどんな技術教育を企業は求めているだろうか?」という視点で、セミナーのプログラムや書籍の編集内容を企画し、講師や執筆者となりうる各分野の専門家や研究者などをアテンド。対象となる各業界の企業へのPR活動やセミナー開催当日の司会まで行うなど、一連の業務をすべてディレクションしていきます。

正直、密度の濃いプロジェクトです。あなたに「最新技術への知的好奇心」「専門分野への探究心」、そして、それらを知ってほしい! という「サービス精神」があれば、きっとゾクゾクするような毎日が送れると思います。

仕事の流れ

  1. 専門誌、学会誌、新聞、インターネットなどから注目すべき技術テーマを見つけ、セミナーにつながる企画を立案します。
  2. 講師を選定し、依頼します。
  3. 開催が決定したら、既存のお客さまや関係する企業などをリサーチし、担当者へセミナー案内を送付(発送実務などは事務スタッフが担当)。合わせてレジュメなどの作成も行います。
  4. セミナーの司会進行、講師紹介を始め、アテンド全般を行います。
  5. 開催後、参加者からの問い合せ対応はもちろん、講師の方に企画に対しての感想や改善点をヒアリングするなど、アフターサービスまで担当します。

人事制度・待遇

勤務時間 8時30分~17時30分
昇給・昇格 昇給:年1回
賞与:年2回(7月・12月)
休日・休暇
  • 完全週休2日制(土、日)
  • 祝日
  • 夏期休暇
  • 年末年始休暇
  • 有給休暇
  • 慶弔休暇
ほか
福利厚生
  • 交通費支給(上限あり)
  • 雇用・労災・健康・厚生年金の各種保険完備
ほか

採用に関するお問い合わせ、募集について

下記の連絡先までメールにてお問い合わせください。
採用担当宛メールアドレス

カテゴリ:

電気・機械・メカトロ・設備成形・加工・接着接合・材料化学・環境・異物対策ソフト・データ・画像・デザイン品質・生産管理・コスト・安全研究開発・ビジネススキル

Page Top